飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題考 : 「日本海軍 400時間の証言」視聴

帝国主義の手先となって半島に行ったわけではないけれど、でも、それは、自分が日本人として背負わなければならない宿業だった。
引き揚げ体験で生き残った人間、みんな闇を抱えている。



読んだ本から、第二次世界大戦で、戦地から引き揚げてこられた方の心情に感じるものがあって書き留めたメモだが、出典は忘れている。

それと対比するような番組を見た。
NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」の第三回「戦犯裁判、第二の戦争」だ。

戦後35年が経過した昭和55年から11年間、海軍の中枢・『軍令部』のメンバーが中心となって秘密に集まっていたとのことだ。
70~80代になっていた彼らは、生存中は絶対非公開を条件に、開戦に至る経緯、その裏で/行った政界・皇族・陸軍などへの働きかけなどを400時間にわたって仲間内で語っていたという(海軍反省会)。その中の東京裁判にかかわる特集だ。

東京裁判では、戦争指導者として文官一人、陸軍関係者6人が絞首刑となったが、海軍関係者の被告は終身刑で、その後釈放される。
海軍という組織を守るため、水面下で海軍トップの裁判対策を組織的に行っていた。勝者の裁きに対抗するため、海軍の軍令部参謀の多くが裁判対策を担う。


戦争の責任に海軍の中枢のエリートたちの向き合い方に驚く。

 海軍に多くの予算を獲得するために戦争を想定したり、戦争を避けるべきだと考えながら、組織に生きるために戦争回避が言いだせなかったりした結果が、開戦とは……。
 太平洋戦争で亡くなった日本人はおよそ300万人とも聞く。
 先のメモは、そんな中で、戦わされて生き残って引き揚げた人の負い目だ。
 自分が日本人として背負わなければならない宿業だと闇を抱えているという中、戦争を起こす立場にいた海軍の中枢『軍令部』の人々の反省を聞くと、「人はどう生きるべきか」と自問し、空しくなる。

 2009/12/7には、NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」の番組について半藤氏、沢地氏、戸田氏の三人の方が語る番組が放映された。
スポンサーサイト

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/12/09(水) 11:46:15|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話題考38 :  「児童・生徒の暴力」考②

 先の「児童・生徒の暴力」考で、感情がうまく制御できない児童生徒の増加」や「コミュニケーション能力の低下」ということに視点を絞って私的に考察を加えてみたところだが、「毎日新聞」社説(12/6)でも、同じ視点から考察を試みていた。
 また、暴力を振るわれた教員の2割以上が病院の治療を受けていることを挙げ、制御の利かない行為、目立たないおとなしい子どもが突然感情を爆発させるという、今までとの質の違いも考察の視点に据えていた。
 この課題の据え方に共感すると共に、コミュニケーション能力の低下の課題に、教育活動の体系を見つめて考察している。
 これは、先の話題考37:「児童・生徒の暴力」考を補完していただいているように感じる。
 そして、少子化、大学全入時代、経済格差など、子どもを取り巻く環境の変化全体に目を向ける必要があるとしているが、その事の一つを先に考えてみたという感じだ。

 共感したのは、その論の進め方もあるが、それよりも最後の考察だ。
 大切なのは教員や学校が深刻な問題を抱え込まず、教育委員会が支援する体制を説く。必要なら警察と連携する。過去の苦い体験はそう教えるが、必ずしも生かされていないとする。
 そして、学校・地域が必要な情報を共有し校内外で取り組むことも提案したい。学力の課題などの背景の問題にも、数値にこだわらない工夫の共有化も必要と提案する。

 当たり前すぎるとして軽く扱ってしまうようなこのような事が、本当は大切なことだと思う。
 無意識に違うことを大切にする世の中になったが、そうではなく誰でも当たり前と思うことを地道に実践することが、本当は真に解決策として有効であるというこの提案がいい。

テーマ:教育って何だ? - ジャンル:学校・教育

  1. 2009/12/06(日) 10:21:58|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話題考37 :  「児童・生徒の暴力」考

 1日、毎日新聞は「児童・生徒の暴力行為は過去最多」の見出しで、文科省の問題行動調査結果について報じていた。
 小中高生の暴力は、約6万件で前年度比13%増で過去最多を更新し、いじめの認知件数も前年より16%減少したものの約8万5,000件と高水準だったという。

 文科省が、各教委の調査を元に、「感情がうまく制御できない児童生徒の増加」や「コミュニケーション能力の低下」などをその背景に挙げたようだ。

 これを受けて、福島版では、「児童生徒の暴力行為、全国最少」の見出しで、福島県の結果を報じていた。
 県内の暴力の発生件数は、102件で前年度比6件減で、4年連続全国最少となったという。
 いじめの認知件数は299件で前年度比156件減少し、全国で4番目に少なかったという。

 県教委は、少人数教育の導入など、きめ細かな生徒指導をしてきた成果とし、県警少年課は、件数は減っているが、凶悪化傾向にあると指摘しているという。

 ここで確認しておきたいのは、「感情がうまく制御できない児童生徒の増加」や「コミュニケーション能力の低下」が問題として浮かび上がるという分析だ。
 県版での分析は、少なかったことに目が行き体制がよかったとか、問題点として凶悪化傾向を分析しているが、この問題の根源と結びつけるべきではないかと思う。その体制が、上記のように分析された問題点を解決する一つの手段として有効であったと分析すべきではなかったかと思う。それでも、上記の問題点はなくなるわけではなく更なる対策を考察すべきだったように思う。

 さて、その問題点をどう考えるかということだが、昔も子どもの暴力はあったと思えば、暴力は何も目新しいことではない。
 ただ、違うのはその様相だということではないかと思うのだ。
 野性味とか腕白性といった昔イメージした暴力とは違って、突然切れるということを伴うことではないだろうか。平穏な状態から突然粗暴性に変質するそんなイメージを感じるのだがどうだろうか。

 子どもと対面している方に伺うと、物を投げたり、奇声を発したり、ひっくり返ったりする子は目立ってきていると聞く。ただ、そういった子も、元の平静な状態に戻ると素直に謝ることができる子が多いとも聞く。
 それなら、切れている間を待って、落ち着いてから話を聞いたり指導したりすることが有効だ。対策は、待つ時間の確保ということになる。「少人数教育の導入など、きめ細かな生徒指導」という対策の有効性の話は頷ける。

 問題は、近年この切れる子どもが増えているのは何故かといことだ。
 これも、実は増えているのではなく、修正されないで学校という社会の中まで持ち込まれてきているものと考えられないだろうか。
 この切れて暴れるという状態は、本当は幼児にはよくあることなのではないかと思うのだがどうだろうか。ただ、しぐさのかわいらしさというオブラートに包まれているので、みんな忘れている。そのオブラートの中で、きちんと注意され、注意が守られるとまたかわいいと思えてオブラートに包まれて、褒められる。
 そんな大人の対応が、理性を養っていたのではないだろうかと思うのだ。こういった暴れる心を修正される経験を積み重ねている。その修正の経験が失われていると考えてはどうだろうか。

 切れる子どもは、幼児期にこの理性が養われる発達の課題に対面させてもらっていなかったのではないかと思うのだ。遠回りかもしれないが、この失われている経験を取り戻すにはどうするかということを考えることが大切なのではないかと思うのだ。
 
 それは、これから進めようとしている幼児教育の体系とは少しずれるような気がする。

テーマ:教育って何だ? - ジャンル:学校・教育

  1. 2009/12/05(土) 11:05:37|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話題考36 :  「原子力政策検証のニュース」

 話題考20で、注目した「原子力政策の議論を再開」していた県議会エネルギー政策議員協議会が、検証を終了したとのニュースをみた。
 どうせ結論ありきの議論だろうと思いながら動向を見ていた。
 ところが、県は県内の原子力発電所でのプルサーマル計画導入について、慎重な姿勢を保ったことを各報道が伝えていた。

 「エネルギー政策検討会」で検証作業の中間報告があったそうだが、核燃料サイクルの将来性と安全性に納得できない佐藤雄平知事は再検証を命じたとのことだ。
 また内堀雅雄副知事は、プルサーマル発電の試運転が始まった九州電力玄海原発3号機の視察を検討するよう指示したとのこと。
 知事は原子力安全・保安院の分離や、火力発電の交付金算定比率を含む「電源立地地域対策交付金」の必要性などを国に訴える予定とも伝える。

 これとは別に、「福島民報」は、増子経産副大臣へのインタビュー記事を載せていた。そのうちの「電源立地地域対策交付金」にかかわった回答は、次のようだったようだ。
 地域温暖化防止を念頭に、「現在のエネルギー源の交付比率を維持したうえで、今後は原子力発電の引き上げを検討すべき」と語ったという。
 ①  交付金の使途自由
 ②  火力発電については、技術革新による二酸化炭素削減が可能になってきていることを考慮すべき。

 ここでいう火力発電の技術革新による二酸化炭素削減というのは、木質バイオマス燃料(木質ペレット)の導入などを指すのだろうか。
 先に常磐共同火力勿来発電所で、発電用燃料として新たに木質バイオマス燃料(木質ペレット)を導入するとの報道があった。
 木質バイオマス燃料は、二酸化炭素排出量はゼロとされる。計画では、木質バイオマス燃料と石炭と混合して燃焼する。これで二酸化炭素削減効果は年間約15万トンの見込みという。ここでは、昨年4月から国内で初めて、下水汚泥を粒状に加工した炭化燃料を発電に用いて二酸化炭素削減する試みもしているという。

 そうかと思うと、町長選とからんで、原発頼りに開発を進めてきた双葉町が財政難に陥っているというニュースも目にする。
 科学には、しくじりも大切にされる側面があるのだが、この原発にかかわっては、その許容はかなり小さいはず。目先の利益や効率を求める時代ではあるが、是非、この問題だけは永いスパンで考えていただきたいと思う。

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/12/04(金) 11:51:18|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話題考35 :  「纒向遺跡」

11/14纒向遺跡の現地説明会が行われ、3600人が集まったとの報道があった。
この遺跡は、邪馬台国の有力候補地で、今回の大型建物跡が「卑弥呼の宮殿」の可能性があるというものだ。
近くにお住まいの方がうらやましい。

この遺跡に注目が集まる前段階として、6/31日付けの箸墓古墳についての話があり、「話題考1」で「箸墓は卑弥呼の墓」として整理した。
この大型建物跡の南約800mにある箸墓古墳という巨大前方後円墳は、西暦240~260年に築造されたと国立歴史民俗博物館(佐倉市)の研究チームが報告したことだ。
纒向古墳築造時の土器とされる「布留0式」土器など16点を測定し、周辺の同時期の古墳墳墓や遺跡の測定結果も考慮して導いたといわれている。
これによって、卑弥呼の死去した248年頃とされてこの時期と重なったということになっていたのだ。
卑弥呼の墓それ自体かどうかはさておくとしても、この古墳はそれ以前の墳丘墓や古墳とは隔絶した規模があり、時代を画した権力者の墓であることは間違いないらしい。
 この古墳建造の後、奈良盆地東南部には、大和王権の初期の王陵とみられる巨大古墳が次々と築かれている。ここ纒向遺跡が大和王権発祥の地であろうことは確実とみられている。
それが邪馬台国と結びつくかどうかということだ。

 NHKの番組では、この柱跡から建築構造を想像して、卑弥呼の存在と結びつけながら考察している。また、この大型建築物は、東を想定して立てられているようだという話があり、卑弥呼の墓に続いて「卑弥呼の宮殿」という話である。
建物の主が卑弥呼だったとした場合、後の大和王権とは違う思想を持っていた可能性があるという話にまで発展する。
これで邪馬台国大和説に決まりだと思ってしまう。

しかし、この感覚はいい加減なもので、「幻の邪馬台国」の映画を見て、古代史を素材に、夢を創り追い求める生き方に感動したのだが、このモデルの方の本を読んでいた時には、北九州で決まりと思ったことを思い出す。
 吉野ケ里遺跡(佐賀県)の話の時も、これで北九州に決まりと思ったことも思い出す。

 今回のことでも、九州説研究者である専門家は、まだまだ大和説には慎重とのことだ。
 これでも決定打にはなっていないらしい。決定打には、金印の封を切った遺物しかないという話も聞く。
 まだまだこの論争は続いていくということらしい。

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/11/29(日) 10:31:55|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。