飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題考34 : 「原発余談」

 原発を考えるときは、地元の原発とのかかわりを考えながら聞いている。核燃料サイクル始動のニュースを聞いたときもそうだった。
 そんな中、プルサーマル発電の口火を切ってしまった九州電力の戸惑いをテーマにした「河北新報」の「国策の行方~プルサーマル始動④」という報道は新鮮だった。
 
 国策「核燃料サイクル」の実現は、業界の重要テーマであり、当然東京電力や関東電力の2巨頭が先頭に立つはずだったという。しかし、いつのまにか先頭に立たされていたということのようだ。
 関東電力は、データねつ造と美浜原発の死傷事故で、東京電力は、トラブル隠しで中断してしまった。前にいた電力会社は、次々とつまずいた結果、いつのまにか先頭に立っていたというのだ。

 この先頭の重圧は、国策の重みでもあるという。
 プルサーマル計画は、10年遅れであり、青森県の再処理工場トラブル続きがあり、ここに九州電力のミスは、国策の存続それ自体の存続にかかわるという。
 もともとプルサーマルについては、安全性や必要性を懸念する声が根強い。その中での先頭を切るという重圧のようだ。

 ここから余談だが、このいつの間にか重要な運命を握る立場になっていたという出来事は、戊辰戦争の時の福島に似ているなと思う。
 戊辰戦争について、福島地区の人々が強い意識を持っているわけではない。しかし、実質的な泥仕合のスタートは、ここ福島で切られている。

 当時、会津藩は、奥羽鎮撫総督府に、「初めから朝廷のために力をささげてきたのであり、新政府に逆らうつもりはない」としていた。仙台藩や米沢藩もあやまりの許しをこう手紙を書いた。
 ところが、これを世良修三によって握りつぶされた。それどころか奥羽鎮撫参謀の世良修三が本軍に宛てた密書を開くと、『奥羽皆敵』とあった。
 それで、世良はこの福島で襲撃され、阿武隈川の川原で処刑されたのだ。
 この世良の襲撃と処刑こそが、東北31藩の結束を固め、奥羽列藩同盟が出来るというきっかけになったという事情だ。

 本当は、地元福島藩では、できるだけかかわりなく穏便に済ましたかったようだが、結果的に、志とは別にいつの間にか先頭を切ってしまったのだ。
 もっとも、福島地区はその後も何事もなかったように、かかわりなく過ごしている。ただ、国全体としては、大きなうねりになってしまったようだ。
スポンサーサイト

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/11/24(火) 10:39:08|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小さな目と小さな声1 : 「カテゴリーを立ててみたこと」 | ホーム | 話題考33 : 「車を買い替えると環境にやさしい」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/104-3c86cb2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。