飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題考 : 「日本海軍 400時間の証言」視聴

帝国主義の手先となって半島に行ったわけではないけれど、でも、それは、自分が日本人として背負わなければならない宿業だった。
引き揚げ体験で生き残った人間、みんな闇を抱えている。



読んだ本から、第二次世界大戦で、戦地から引き揚げてこられた方の心情に感じるものがあって書き留めたメモだが、出典は忘れている。

それと対比するような番組を見た。
NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」の第三回「戦犯裁判、第二の戦争」だ。

戦後35年が経過した昭和55年から11年間、海軍の中枢・『軍令部』のメンバーが中心となって秘密に集まっていたとのことだ。
70~80代になっていた彼らは、生存中は絶対非公開を条件に、開戦に至る経緯、その裏で/行った政界・皇族・陸軍などへの働きかけなどを400時間にわたって仲間内で語っていたという(海軍反省会)。その中の東京裁判にかかわる特集だ。

東京裁判では、戦争指導者として文官一人、陸軍関係者6人が絞首刑となったが、海軍関係者の被告は終身刑で、その後釈放される。
海軍という組織を守るため、水面下で海軍トップの裁判対策を組織的に行っていた。勝者の裁きに対抗するため、海軍の軍令部参謀の多くが裁判対策を担う。


戦争の責任に海軍の中枢のエリートたちの向き合い方に驚く。

 海軍に多くの予算を獲得するために戦争を想定したり、戦争を避けるべきだと考えながら、組織に生きるために戦争回避が言いだせなかったりした結果が、開戦とは……。
 太平洋戦争で亡くなった日本人はおよそ300万人とも聞く。
 先のメモは、そんな中で、戦わされて生き残って引き揚げた人の負い目だ。
 自分が日本人として背負わなければならない宿業だと闇を抱えているという中、戦争を起こす立場にいた海軍の中枢『軍令部』の人々の反省を聞くと、「人はどう生きるべきか」と自問し、空しくなる。

 2009/12/7には、NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」の番組について半藤氏、沢地氏、戸田氏の三人の方が語る番組が放映された。
スポンサーサイト

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/12/09(水) 11:46:15|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日々雑感24 : 「歳をとらないと納得できない話」 | ホーム | 話題考38 :  「児童・生徒の暴力」考②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/111-4a776a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。