飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日々雑感24 : 「歳をとらないと納得できない話」

 心に引っかかってはいるのだが、若いころには理解できなかったが、歳をとるに従って心にじわじわとしみていく話というのがある。
 そんな話の一つが、満州の地で敗戦を迎えたある軍の部隊の会計を担当していた方のこの話だ。

 敗戦を迎える前に、戦況が把握できたので、先に家族を内地に引き揚げさせたという。自分は、仕事があるのでなかなか戻れなかったということは理解できる。
 しかし、ななかなか理解ができなかったのが、敗戦後の話だ。
 戦争が終っても残務の整理として決算の仕事をしていたから、内地に戻れなかったというのだ。
 もう消滅してしまう軍という組織である。その収入と支出の書類を整理し、決算書を作成することが、迫りくる自分の身の危険よりも大切な仕事だったというのだ。
 命の危険を顧みずに、提出先の当てのない仕事をこつこつと地道に行う。そして、その仕事は、誰に評価されることもなく、闇に葬られるだけなのだ。

 自分ならと考えた時、やらないで済まそうとしただろうと思うのだ。
 現に先に内地に引き揚げてこられたその方の家族の方は、夫がなかなか帰らなかったことでの苦労を重ねている。最大の出来事は、長男の方がそんな中で流行り病に侵されて亡くなられているようなのだ。もし、その方が早々と内地に帰っていたらと思うのだ。
 それなら、そんな話は忘れていてもよさそうなのだが、心のどこかに引っかかっていた。

 若いころにこの話を聞いた時には、そんな感じだったのだが、ある程度歳を重ねてくると、転勤や仕事の引き継ぎなどの時にそれを思い出していたのだ。

 仕事と自分という関わりでいうと、転勤後、引き継がれた仕事は自分とは一切かかわりのない世界になるはずなのだ。それなのに、年々、自分は本気で時間を掛けて総括を行い、それを書類にして次の人に引き渡すようになっていた。
 その仕事の行く末を案じるという心持が強くなったのではない。
 それは、今まで本気で取り組んできた自分の存在の証を、自分自身に確認しているのだ。
 他の人がどう見ようが、どう評価しようがそれはどうでもいいことなのだ。自分が真剣に事柄に向き合うという生き方をしてきたかを自問することなのだ。その決算や引き継ぎ事項の整理は、自分の生き方の自己証明としての価値が大切なことなのだ。

 先の例は、どんなに目立たない小さな事にも、自分は命を掛けて地道に誠心誠意向き合ってきたよと言っている自己証明の姿だったのだ。
 そのことに、気づかなかった若い頃の自分は、自分らしく生きていなかったということであり、もったいなかったと思う。それでも、そのことに気がついて、自分も小さな日々の出来事に心を込めるように努める時間が持てたということは、先の話が頭にあって、考えていたからであり感謝している。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/13(日) 11:17:09|
  2. 日々雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小さな目と小さな声3 : 「大きな声と小さな声」 | ホーム | 話題考 : 「日本海軍 400時間の証言」視聴>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/112-937ac90c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。