飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さな目と小さな声4 : 「全国学力テストの効果」

行政刷新会議で、選ばれたメンバーから「校長のマネジメントの能力を上げるのが先で、ただ教員を増やしても砂漠に水をまくような現場」から聞いた小さな声に属する話。

学力テストが良かったのか悪かったのかという仕分け人の観念論ではなく、良くても悪くても当事者になった方からの話だ。
学力テストの問題自体はいい問題が多かったと思っている人が少なくなかったという話を聞いた。ただ、このことは学力テスト実施について疑問を感じていることと、大きな声の持ち主に逆らわないようにしている事で、なかなか聞こえてこないだけということのようだ。

 現場では、その良問を教職員で問題を分析しあったという。大きな声の仕分け人の方に言わせれば、このことで客観性が失われて効果の比較ができないという不味いことをしているということになる。しかし、このまずい方法で、今の時代に大切にしなければならない学力観の一つが提示されたという効果が得られたという。このことで教育の現場である学校で学力観についての議論が高まったらしい。
 教育の現場では、こだわるとかこだわらないとかにかかわらず、潜在的な問題意識として常に子どもをどうとらえ、能力をどう評価するかということが存在するので、問題の公開ということだけでも十分だったとも聞く。今までと違う評価の問題が提示されたことは、刺激的でもあったようだ。
 更には、生活習慣などの他の要素とからめて分析するという提案も、日々の指導に追われる現場では、魅力ある新しい提案に思えたということらしい。
 話題考30:「全国学力テスト」でもふれたが、2年間不参加で、今年参加になった犬山市では、「国のテスト結果の公表(8月下旬)は遅く、授業改善に役に立たない」と主張して、テスト直後に解答用紙をコピーして現場教師による採点を行うなど独自性にこだわり続けたという。
 それぞれの学校が教職員の指導法の改善に資する方策として活用されているという意義を作り出しているようだ。
 ただ増やしても砂漠に水をまくような現場では、必ずしも賛成ではないが逃れることのできない全国学力テストをしたたかに、効果あらしめるように工夫活用していたようだ。 
 本質に迫る何かをしていくという人目につくことはないこの地道な取り組みは、大きな声の持ち主である仕分け人の考えでは、客観性を元にした競争原理導入の足がかりという点からよくないことにされているので、大きな声では言えないし、言うつもりもないということらしい。
 


スポンサーサイト

テーマ:教育って何だ? - ジャンル:学校・教育

  1. 2009/12/20(日) 11:29:18|
  2. 小さな目と小さな声
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小さな目と小さな声5 : 「全国学力テストの効果」② | ホーム | 小さな目と小さな声3 : 「大きな声と小さな声」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/114-da7c3588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。