飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さな目と小さな声6 : 「学習状況調査」

 学習状況調査の結果と学力の相関を受けて、子どもに寄り添って改善が進められることが大切であるという評価に一応賛同はした。
 それは、子どもの生活環境を整えることの大切さを訴えることができる手段として成果があったという事だからだ。

 しかし、本当はちょっと違うとも思うし、寂しくも思う。本来的には学力と関わらなくても大切なことだからだ。
 それは、学習状況が学力と相関があるからその指導が大切だという事ではないと思うからだ。例えその事が、学力と相関が無かったとしても、その指導の大切さが揺るぐことがないという状況が必要なのだと思うのだ。その指導に時間がかかり、学力を上げる指導に重点が懸けられないという状況でも、生活の指導を優先するというプライドが、義務教育には必要なのだと思うのだ。本来的に大切なことなのだ。

 食事をきちんとする、生活のリズムを整えるということは、たとえ学力と関わらなくても身につけるべきことなのだ。
 目に見える学力に関わるから、そちらも大切であるという事を認めるという事は、目に見える学力が大切で、それにかかわるから生活指導が大切だという事を認めるというジレンマもある。

 初等教育の視点から、人と関わることや生活を整えていくと、自然や本に豊かに触れ合う事などは、系統的な学習よりも大切なことであるという視点が必要だからだ。

 しかし、そういった声をあげるべきだと思う教育の現場からも、教育学者と自称する方からも聞こえてこない。
大きな声に流されるままに、高等教育の成果から、因果関係を求められた道筋に沿って話される論理に弁明するだけだ。幼児教育と初等教育から育て上げていく大切さを訴える力は、教育の現場にも教育学者と自称する方にもなさそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:教育って何だ? - ジャンル:学校・教育

  1. 2010/01/07(木) 10:31:10|
  2. 小さな目と小さな声
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<正岡子規メモ : 遠ざけようとする力が働くもの① | ホーム | 小さな目と小さな声5 : 「全国学力テストの効果」②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/116-e9e5972a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。