飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の長い街にて(その八)

 五日間、俺は誰にも邪魔されずに過ごすことが出来た。おかげで実験の方もうまく運んでいた。感覚が慣れてきたことと、時間の制約がないことが、うまくいっている理由であろう。今は最後の詰めの段階であった。呼吸と関係があることがわかった。そして、一歩進んで吸う息と吐く息で意識が違うことがわかった。息を吐くと、その息に意識がもっていかれる。苦しくなって息を吸うと、その息とともに意識まで吸い込んでしまう。それを繰り返しているうちに眠りにつくことまでが分かった。眠くなるに従って呼吸がだんだん遅くなることも発見した。
 ここまで進むと、一息吐くことによって眠りに入る瞬間近くまで見極めたことになるようなのだ。あとは、その最後の一瞬の意識が消える瞬間の観察が残されているだけだった。

 それにしても、五日間よく誰も来なかったものだ。
 和夫も洋一も顔を見せないのは珍しい。洋-は、帰ってきていれは必ず顔を見せるのが常だ。俺も、一日に一度は必ず彼の部屋に顔を出していた。来なかったのは、俺が行かないせいだろうか。それとも……。
 それとも、彼は部屋に帰っていないのだろうか。そういえば、彼の部屋の戸の開くのを、この五日間聞かなかったような気もした。家でごたごたがあったという話を聞いたことがあった。実家にでも帰っているのだろうか。
 そういえば、和夫も部屋に帰っていない。レコードもヒットラーも聞こえない。俺が学校を休んでいるうちに、何かが起こったような気がした。そう思うと、急に気になり出した。
 外に出てみようと思った。恐らく何もないだろうことは予想できた。出ても何も起こらないし、日常と変わったことが起きているとは思わない。漠然とした期待感があるが、それは裏切られることも知っている。それどころか期待しているものが何であるかさえ分かっていない。
 それでも外に出たいという衝動が勝った。今日は街に出よう。外に出て何をしようという当てもないが、とにかく街に出よう。本屋で一冊ずつ本を見て歩いてもいい。レコード店でレコードを探してもいい。日用雑貨店で珍しい物を探してもいい。文房具店で、新しい製品を物色してもいい。

 小さな橋を渡ると、いつもと変わらない人通りの声が聞こえてきた。学校から聞こえる空気の振動音も変わってはいない。本道に出て左に曲がった。五百メートル歩くと左手が正門になっている。長く休んだ後はいつでもそうなのだが、正門が俺を拒否していた。今度俺がこの門をくぐる時には、抵抗が少し大きくなるなと思った。
 正門の前を通り過ぎた。電車がゆっくり走っているには大きな音をたててやってきた。
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/05/02(土) 07:06:26|
  2. ○ 夜の長い街にて(フィクション) 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜の長い街にて(その九) | ホーム | 夜の長い街にて(その七)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/12-8d477245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。