飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

葬儀

 葬儀にかかわる映画を見たのが、「送りびと」。
 さまざまな死に向き合い、死者の人格に迫り、そこに息づく愛の姿に迫る描き方は、それ自体で十分斬新であり、それが、本質を究めていく納棺師を描いていくことになっているといのが、人を感動させるのだろうか。
 確かに、誰もが、いつかは送り人になり、送られ人になるのに、現代は、それに真摯に向き合う機会がなくなっている。
 真剣に考えないで、しきたりに基づいて誤魔化しているのではないか、本当はきちんと考えなければならないことなのではないかと、自分に迫った。

 日常の中で、最近葬儀にかかわったのが、お手伝い。
 一つは、近所の手伝いという立場でのお手伝い。ごく最近は、親戚の会計の仕事。どちらの葬儀も、葬儀の中心的な担い手は、葬儀社だった。
 手伝い関係者は、近所の葬儀の時は、故人の元職場を引退した組織が中心となり、近所が補助的にお手伝いをするという形だった。親戚の葬儀の時は、遺族の職場と近所の手伝いで、実際に手伝いの部分を親戚が仕切れるようにした形だった。葬儀社が、それらを見守ることでスムーズに運営されていくという感じだった。

 「毎日新聞」(2010/9/11)の<くらしナビ>が「葬儀 少人数 実質本位」の見出しで、冠婚葬祭互助会の「現代葬儀白書」のアンケート結果を基に、最近の葬儀事情を伝えているのを見た。
 それによると、会葬者の数、費用、しきたりという側面からは、小規模化が進み、実質本位の葬儀になってきているという傾向とか。
 その中で、顕著にその傾向が表れたのが、会葬者が99人以下が、11年前の調査で2割だったのが、今回55%をしめたことという。
 葬儀手伝いも、葬儀社任せが増え、職場や近所が1割から2割に激減しているという。
 誰の為の葬儀かという点では、副見出しにあるように、「遺族より故人の付き合い重視」に変化は、職場の関係者中心が減ったことが特徴的なようだが、知らせなかったという人も13%とのことで、それが、もう一つの副見出し「職場の義理薄れ」という特徴のようだ。

 これを、どう見るかだが、葬儀は家族のものという意識が一気に強まったというのが、大きな特徴だろうか。
 その背景は、葬儀社が充実したこと・少人数の葬儀を望む人が増えたという事。
 別の側面では、地域や会社の人間関係の希薄化と高齢化に伴う年金生活者の喪主という事情もあるようだ。
その内の地域や会社の人間関係の希薄化が、私的な関係性重視につながっているようだが、この希薄化が家族関係にまで及ぶと、近年の高齢者の所在不明という現象になって現れるということとつながるのだろうか。

 今まで、マイナーなイメージだった葬儀について考えていくと、自分の生き方と強くかかわるような気がしてくる。
スポンサーサイト

テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ

  1. 2010/09/14(火) 09:38:53|
  2. 日々雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島の子規2-2 | ホーム | 福島の子規2-1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/123-c1e89ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。