飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の長い街にて(その九)

 やってきたのは、街からの電車だ。窓にへばりついた乗客がガラス越しに見える。乗客は今頃が一番多い。
 俺は、ちょうどいいタイミングだと思った。この電車が、隣の駅で街へ行く電車と擦れ違うはずなのだ。「学校前」の立札の前で待つことにした。

 煙草を一本取り出して火をつけた。俺は、変な事が気になっていた。今日は、会議室に灯がついていたのだ。会議室は、玄関の二階にあたるため俺らにも部屋からもれる光によって会議の有無を知ることができる。教授会がここで開かれると知ったのは、最近である。
 正面の棟は管理棟で、学生と直接関わるのは一階だけだ。その南側の部分と二階はほとんど学生には関係がなかった。教授会がある時は、お互いに誘い合って行くようなのだ。
隣の研究室から、俺達のいる部屋に物理の佐藤先生がやって来る。そして、俺達が陣取っている部屋の隣の部屋で、長沼先生と何やら話をして出て行くのだ。
 佐藤先生は、その時に必ず俺の側に来てケチをつけて行く。
 グラフを書いていると、美しさがない、自然はそんなに汚ないものじゃない、科学はセンスが問題だとか何とか言いながら、グラフの曲線の点を読み上げさせる。そして、そのプロットした点をルートさせたり、対数をとらせたりさせて、別のグラフ用紙にプロットし直させられるのだ。すると、ひずみがデフォルメされて、いびつな曲線が現れる。ここで、めがねを下げてニタニタしながら、得意そうに俺に命令を下す。
 「見ろ、これがお前のセンスのなさの証明だ。この線上の点をもう一度プロットし直せ。」
実験している時なら、必ずやっていることを説明させられる。実験は中途で止めさせて、必ず黒板で説明させるのだ。彼は自分から進んで俺の所に来ておきながら、必ず俺の実験を中止させるのだ。
 だが、これは必ずしも佐藤先生のエゴとばかりは言い切れないところがある。俺に弱みがあるのだ。彼が黙って俺の実験を見ていた時に、俺は大きなミスをしたことがあったのだ。予定していなかった白いガスが発生し、数秒の間に部屋中に充満してしまったのだ。
 後で、それは塩素ガスとわかったが、その時は何が何やらわからなかった。俺は唖然として思考停止の状態になり、じっと動かずにいたのだが、佐藤先生も机に両肘をついて頬を両手で挟んで俺の様子を見ていたのだ。
 隣の部屋から長沼先生が駆け込んで来たのと、佐藤先生が、唾を呑んだのがほとんど同時だった。俺の意識もようやく実験の失敗を認識した。俺と長沼先生は換気扇を回し、ガスをストップさせるべく装置を崩し始めた。佐藤先生もようやく事の重大さを悟ったようだが、部屋の中でうろうろしていた。逃げて行くには気が引けたと後で聞いた。
 それ以来、彼は必ず俺の実験を中止させるのだ。

スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/05/03(日) 09:59:55|
  2. ○ 夜の長い街にて(フィクション) 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜の長い街にて(その十) | ホーム | 夜の長い街にて(その八)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/13-190fe8b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。