飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の長い街にて(その十)

 得意になって俺をやっつけていると、隣の部屋から声が飛んで来る。「まだ行かないのか。もう始まるぞ。また何だかんだと言われても知らないぞ」
「何ですか、今日は」
 俺が聞くと、彼は顔をしかめて言うのだ。
「教授会よ。また時間が潰れるよ。計算が中途なんだが、困ったもんだよ。」
 彼はこう言って、それから煙草に火をつけて、根本まで吸ってから、ようやく部屋を出て行くのだった。
 
 それは、毎月最後の金曜日に決まっていた。その日は、俺が帰る時には必ず正面の二階の会議室だけ電燈が灯っているのだった。その事が俺の心に引っかかったのだ。月末の金曜日に、何かあったはずだと思った。しかし、咋日までほとんど寝ていたのだし、俺が会った人・話した人といったら、マーケットで会った二・三人の同級生と店のおばさんと、それから……。
 それからと考えても約束をするような間柄の人とは話をしてない。洋子とはこの五日間ついに顔を合わせなかったし、洋一とも和夫とも会わなかった。

 そうだ、啓子だ。
 啓子と約束をしたのが二十六日で、その二十六日は金曜日だったはずだ。
 俺は部屋を出る時に見たカレンダーを思い出そうとした。しかし、確認するには曖昧であった。五日前のことを思った。あれは確か二十何日かだった。実家から送金のあった直ぐ後だから間違いない。すると、今日が啓子との約束の金曜日だ。
 引き返さねばならない。そう思って、戻り足に歩き出して三、四歩進めたところで、電車のクラクションとレールを擦る音が聞こえた。街に行く電車が姿を現わした。せっかく待って、電車が来た時に引き返す馬鹿らしさと口惜しさを多少味わいながら、俺はそのまま引き返した。大学の門の端を右に曲がって、次の角を左に曲がると、啓子のアパートに着いた。
 ここは女だけのアパートなので入りにくい。かといって、ここから声を掛けるのも気が引ける。
二者を心の天秤に掛けていた。そして、ようやく中に入ろうと決心がついた。
 彼女の部屋は二階にあった。一番瑞の部屋だということはわかっていたが、それ以外はわかっていない。階段を上る時も、どうしたものかと考えていた。一歩一歩ゆっくり昇った。二階の廊下を歩く足音が聞こえた。この階段に近づいている。俺は歩を早めた。女の部屋にのらりとした足取りで行く自分に気が引けたのだ。足音の女に会ったら啓子の部屋を聞こう。そう決めたのは、階段の五段目から七段目のほんのわずかの時間だった。それから二歩登ったところで、もう俺の足は二階の廊下にあった。
 その足に体重をかけ、体が上に浮いたその時に、エプロンをつけた女と出会った。驚いた顔を作ったが、この辺で会うことは九段の階段を上る間に決めた予測とほぼ同じ位置であった。
 予測と違ったのは、その女自体が啓子であったということだ。黄色いエプロン姿の啓子は違った雰囲気があった。
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/05/04(月) 05:40:39|
  2. ○ 夜の長い街にて(フィクション) 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜の長い街にて(その十一) | ホーム | 夜の長い街にて(その九)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/14-bbf5b254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。