飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「再び芭蕉翁を追う」:福島の子規2-49

 子規は、瑞岩寺の林立する俳句の碑をみて批評するが、ここに充分に自己表出している子規を感じる。
 先にも記したように、子規はよく身辺の連中を小気味よくけなしたらしい。頼まれたわけでもないのに、友人の句には勝手に赤を入れるとも。
 そういったことと同質の意識が見える。

 もう一つの態度が、小僧の案内にもうっとうしいと感じていることだ。寺の宝物である玉座・名家の書幅・邦の古物、八房の梅樹等、いちいち指示するというのだ。
 これも、子規の自己表出ということとかかわるように思うのだ。
 このいちいちその見方を指示する場面は、二本松の黒塚観音寺でも経験している。寺僧に賽銭投じ、小堂を案内され、壁上の書、函中の古物を説明して、その縁起を説いている。
 しかし、「はて知らずの記」を読む限りでは、子規は神妙に案内されていたように感じる。
 確かに、老僧であることや袈裟を正すその姿勢との対比もあるのだろうとは思う。しかし、それだけではなさそうだ。ここには、忠実に芭蕉翁を追う姿勢と子規自身の表出ということとの意識のバランス感覚がかかわりそうだと思うのだ。
 この時に比べると、芭蕉翁を追う姿勢に比して、自己を表出するという意識の強さが表れているように感じるのだ。こういった意識の変化を勝手に思う。
 このあたりからの「はて知らずの記」は、子規の自己が前面に表出されたものとみたい。

闇は、先ず遠き島山より隠して夜に入る。
 灯ちらゝゝ人影涼し五大堂

 今や月が出るだろうとと眼を見張る様を、
 松島の闇を見て居るすゞみかな
 すゞしさや さらに月なき千松島


 小舟が二艘ほど赤い提灯をともしつらねて、小歌を歌い月琴を弾きなどしながら、そこここと漕ぎ回るのは、これも月を待つこと。
ともし火の島かくれ行く涼み船

 海の面がほのかに照って、雲の隙に月の影が現れれようとする。
 波の音の闇もあやなし大海原、
      月が出る方に島が見えわたる。
 すゞしさの ほのめく闇や 千松島
 すゞしさの 魂出たり 千松島


 一句二句うなり出だす間もなく、月は再び隠れて、このあたりの雲の中とおぼつかない。
 あはれこよひ一夜こそ松島の月を見んと来しものを
 心なき月は知らじな松島に
      こよひはかりの旅寝なりとも

観月といふ楼の名を力に夢魂いずこにや迷うらん。


 国語的な素養はないが、散策の経験をもとに子規が表現したかった心持を読み取ってみると、こんな感じではないのかなと思う。
スポンサーサイト

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

  1. 2010/12/23(木) 11:05:04|
  2. ○ 福島の子規(ノンフィクション)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<2010年までの「飛翔」 | ホーム | 「再び芭蕉翁を追う」:福島の子規2-48>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/18(金) 04:04:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/172-740ac4ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/11/22(木) 01:17:10 |

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。