飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【話題考】鹿児島・川内原発再稼働へのカウントダウン始まる

【話題考】鹿児島・川内原発再稼働へのカウントダウン始まる


 メディアとしての本日のビックニュースは、小渕優子前経産相と松島みどり法相の辞任のようだ。大きく扱ってくださっているのに、3面記事を読む興味しか持てないのは不遜なのかもしれないとも思う。
 それでも、気になるのは社会面の隅に押しやられた「鹿児島・川内原発:再稼働賛成の陳情採択 薩摩川内市議会委「同意」表明【毎日新聞(2014/10/21)】」のニュース。
 http://mainichi.jp/shimen/news/20141021ddm041040114000c.html
 鹿児島県薩摩川内市の市議会原発対策調査特別委員会(10人)が20日、同市に立地する九州電力川内原発の再稼働を求める陳情を採択したとのこと。
 いわゆる「地元」が原発の再稼働に同意した瞬間だ。これを受けて、地元市長が原発の再稼働に同意することになるのだろう。
 これが県への原発再稼働圧力となって働くことになるのは、福島県の場合も同じだった。

 これからは、原発再稼働は、単なる日程問題でしかなくなるのだろう。
 伊藤県知事は、「地元」の範囲を県と薩摩川内市としていると聞く。その同意の対象は知事と薩摩川内市長、それに、県議会と薩摩川内市議会の4者に限定しているらしい。
 その「地元同意」のプロセスがスタートし、薩摩川内市議会の同意が完了し、薩摩川内市長の同意まですんなりと進んだということだ。
 これから、県の同意プロセスに入るが、反原発運動を主導した候補者は、2012年の鹿児島県知事選で敗れていて、伊藤知事の計画通りに進んでいるらしい。
 今年12月までには、順調に県議会と県知事の同意が進むのだろうと見られているらしい。
 メデイィアがビックニュースとするニュースとのかかわりでは、今回お辞めになる小渕優子経済産業相が、説明会の内容について「不安が払しょくされたという声もあったと聞いている」と発言し、岩切川内市長に再稼働に向けての判断にいい材料を与えられたことかな。
 安倍首相も九電会長ら九州財界首脳との会食で、「川内はなんとかしますよ」と応じているとか。

 「鹿児島・川内原発:再稼働賛成の陳情採択 薩摩川内市議会委「同意」表明【毎日新聞(2014/10/21)】」
 http://mainichi.jp/shimen/news/20141021ddm041040114000c.html
 鹿児島県薩摩(さつま)川内(せんだい)市の市議会原発対策調査特別委員会(10人)が20日、同市に立地する九州電力川内原発の再稼働を求める陳情を採択した。再稼働に向けた地元同意手続きにおける初の公的判断で、岩切秀雄市長は「高く評価したい」と話した。28日開催見通しの臨時議会で賛成陳情が採択された後、同日中にも市長が再稼働に同意するものとみられる。
 特別委は委員長を除く9人で採決し、再稼働反対陳情10件を不採択とした。その上で、早期再稼働を求める陳情1件を6対2(棄権1)の賛成多数で採択した。市議の過半数は再稼働に賛成の意向を示しており、臨時議会でも賛成陳情が採択されるのはほぼ確実だ。岩切市長は「議会が判断すれば、できるだけ早い時期に方向付けしたい」と述べた。
 一方、川内原発が国の新規制基準に適合した理由を説明するため実施してきた住民説明会が20日夜、最終のいちき串木野市であった。薩摩川内市の意思も明確になりつつあることで、焦点は県議会と知事の判断に移る。【宝満志郎、津島史人】



スポンサーサイト
  1. 2014/10/21(火) 07:22:57|
  2. 話題考2014-9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 【話題考】県民の選択権を奪った福島県知事選の追い打ち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/189-7e648694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。