飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の長い街にて(その二十四)

 それでも、彼のお題目とまともに論じ合う気にはなれないのだ。余りにもまとも過ぎて、俺の趣味には合わないのだ。いつも彼の言葉の揚げ足を取っては楽しんでいた。
 あの時は、何の話だったのかは忘れた。が、帰る時に、戸じまりを何度となく確かめたことは忘れられない。彼の剣幕の度の越しようは異常である。俺は殺されるのではないかという不安さえ抱いた事があるのだ。

 彼に言わせれば、俺は人当りの良い、そのくせ心の底では他人の事など微塵も思っていない人間だという。エゴの固まりだが、そのエゴを隠すのに巧みなそうだ。このタイプは世渡りがうまいのだそうだ。
 俗にいう出世タイプなのだそうだ。その事が彼は気に入らぬらしいのだという。こういう人間が存在するだけで、悪だともいう。例の題目を唱える口調で何度「断固粉砕」とやられたことか。

 そうかもしれない。そういう能力が俺には備わっているかも知れないとも思わないわけでもない。生来他人に好かれるようにと振舞っているし、そうし続けることでその演出の力が備わっているとも思うのだ。他人の前に出たくないと思ってはいるが、本当は他人の前に出ると疲れるのだ。その疲れる原因は、全神経を使って他人を意識するからとしか考えられない。どんな雑談の中でも、俺は構えているのは確かだ。万人に良く思われたいという意識が働らくらしい。だから、自分を押し通す事はないし、判断を迫られても、確実にその通りだと思わなければ曖昧にしておく。いや、確実なことでも、それを言えば誰かが不平を言う可能性があると思えば、何も言わない。これは究極的には彼の言うエゴが根になっている事かもしれないと思う。そうかもしれないが、俺はその事を悪いとも思ってはいない。
 それが、彼にとっては身震いするほど嫌いな事なのだろう。彼は本気で俺を抹殺しようと考えていると何度思ったか。その度に俺は用心したのだった。
 しかし、俺は、本当には彼を嫌ってはいない。むしろ、好きなタイプだ。彼はそれだけ俺を見抜いているのだし、ストレートに俺自身に言ってくれるのだから。
 それでも彼とまともに論じ合う気にはなれない。極端過ぎてついて行けないところがあるのだ。俺は彼の言葉の揚げ足を取ってしまうことになるのだが、それがまた楽しいのだ。彼は興奮するが、言葉は紋切り型なので直ぐに茶化す事が出来る。
 もっとも、そうした夜はいつもより戸締りを厳重にする必要はあった。興奮の度が越すと、彼は俺の部屋の戸を力任せに開け閉めして、更に、自分の部屋の戸も物凄い音を立てきせて開け閉めするのだ。
 それでも治まらないのか、壁の向こうを、どたばたと大きな音を立てて歩き回り、しきりにヒットラーの名を叫ぶのだ。本当にヒステリックに叫ぶのだ。

スポンサーサイト
  1. 2009/05/18(月) 13:53:41|
  2. ○ 夜の長い街にて(フィクション) 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜の長い街にて(その二十五) | ホーム | 夜の長い街にて(その二十三)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/28-e66754eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。