飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の長い街にて(その二十六)

「よくも、こんなに寝ていられるな、退屈もしないで。何日寝たきりなんだ。」
 戸を開けるが早いか、洋一が言った。
「寝てなんかいないさ、女と遊んでいたのさ。ただそれを隠すために、学校に行かなかっただけさ。」
 和夫が憤慨した顔で言った。
「そう、俺は女にもてるからな。君達とは違うのさ。」
 俺は居直った言い方で、冗談として流そうとした。
 洋一がそれを受けてくれた。
「よく言うよな。俺の方が男前だと思うけどな。」
 髪を撫で上げながら言った。
「そう言えば、お前もしばらく居なかったじゃないか。そうそう、そうだよ。和夫だっていなかったじゃないか。」
 俺が言うと、洋一は陽気に答えた。
「実はな、俺も女の所よ。」
 ところが、和夫は仏頂面になった。
「俺は違う。訳は言えないけど、俺は違う。」
 彼がおどおどしく言い出すと、洋一が冷かすように言った。
「言え、言え、隠すなよ。ははあん、お前も俺達と同じだな。うんきっとそうだ。そうに決まっている。……。言っちまえよ。」
 和夫の顔色が増々かわっていった。彼の興奮を表わす頬の引きつりがもう起きていた。
 今日は面倒が嫌だった。このままでは、彼は癇癪を起こす。これはまずいと思った。
「止めとけよ。……。冗談だよ。単なる冗談さ。」
 俺が、仲に入った。
 和夫の顔色は変わらなかった。セーフだった。
 飛び出してバラライカを聞くまでには事は進まなかったのだ。
「俺にもコーヒーをくれよ。」
 しばらく間があって、洋一が催促した。俺はもう一つのカップを出して準備した。湯を沸かそうとして立ち上がろうとした。
「ああっ、いいよ、それで充分。俺は猫舌だから、かえってその方がいいのさ。」
 彼はそう言って、俺の手からヤカンを取った。俺はそのまま座わり直した。
 俺は、サイフォンと茶の事を洋一にも話した。彼は物知り顔で言った。
「コーヒーが好きなのは、自意識過剰気味で、茶の湯を嗜好するのは気取り屋なんだってき。紅茶の好きなのは、ざっくばらんな性格なんだってさ。」
「本当か。そんなことがあるもんか。」
 俺が反論すると、彼は真顔で言った。
「いや、これは本当の話き、統計的に研究した奴がいるんだってさ。……。そうそう、レモンスカッシュが好きなのは面食いが多いんだってよ。」
「統計学的って言うのがくせもんだな。占いだって、考えようによっては、統計の結果と言える訳だけど、結局は当たるも八卦当らぬも八卦となる訳だからね。」
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/05/27(水) 09:53:44|
  2. ○ 夜の長い街にて(フィクション) 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜の長い街にて(その二十七) | ホーム | 夜の長い街にて(その二十五)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/30-26e83b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。