飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の長い街にて(その二十九)

「そうそう、あのさ、ほら、腕を組んでも落ちない女よ、何て言ったっけ。ほら、お前が言っていたじゃないか、一度腕組みしたら、おっぱいに引っ掛かって落ちねえだろうって言っていた女よ。」
「ああっ、あいつか。政恵か。」
「そうそう、その政恵っていうのか、その女、最近痩せたよな。痩せたとたんおっぱいも小さくなったみたいだぜ。痩せるとおっぱいも小さくなるんだな。」
「それはそうだろう。一度脹らんだやつが、中味が減っちまうんだから、垂れ下がるのはあたりまえさ。脹らました風船の空気が漏れっちまったのと同じ事だろう。」
「しかし、お前も真面目な顔をしとって、意外といやらしいことが言えるんだな。今まで深刻な顔をしとって、急にがらりとかえてよくそれだけ言えると思うよ。」
「いやいや、俺は客観的に見てるだけさ。科学的にそうなるだろうって言うだけの話でしかないよ。」
「しゃあしゃあとよくも言うな。」
「下卑た話は皆が好きだし、興味を引くさ。お前が調べている民話だって下卑ていたり、汚ないのに明るく朗らかな話の方が多いって言ってたじゃないか。」
「いや、今残っているのはそれほどでもないよ。だけど本当は外向きの人に話して聞かせる外来の都会人に話す物語と、筋的には同じなんだが、村人同志で話して聞かせる時にアドリブ的に入る表現とがあるみたいで、我々に話す時と本当は表現が違うみたいな気がするんだ。」
 彼は夏休みになると、山の村に入るのだ。集会所に寝起きさせてもらって、村中の物語を調べ歩いているのだ。山村とはいっても、一時間もバスに揺れるとそこに着いてしまう。だから、寝泊まりする必要はないのだが、実感を伴った聞き取りがしたいということにこだわっているようなのだ。もう二年間続けている。
 いつかそれをまとめたいと言っていたが、何かに発表したりするということではなく、いつかその村の人に返してやることが楽しみなのだという。村への道路も整備され、どの家にも乗用車があって、今でも地方の都市との暮らしの差はほとんどない。
 これからの時代は、恐らく便利さや開発に目が向いていく。そんな中で、これらは消えていく。そんなときに、集めておいた物語を村の人たちに還していく。
 いつのことになるのか、そういった時が来るのか、その時に彼はそこにかかわれるのかといった要素が不確定であり、実現する可能性の低い夢物語を語る。
 その中で、彼は村人の物語には、エロとグロのおかしさと、村人の劣等感の世界だと言うのだ。
 うんちの話と父ちゃんと母ちゃんの露骨な話が出た時は、自分も村人の一員として話をしてくれているというのだということで嬉しくなるという。
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/05/30(土) 10:58:23|
  2. ○ 夜の長い街にて(フィクション) 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<話題考1:「箸墓は卑弥呼の墓」 | ホーム | 夜の長い街にて(その二十八)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/33-bd9621dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。