飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題考9 : 「レジ袋有料化の影響」

 6月11日の毎日新聞は、福島の包装用品卸売業が、レジ袋有料化等の影響を受けて、破産手続きに入ったことを小さく報じていた。
 景気悪化やレジ袋有料化などで売り上げ不振で、経営が悪化していたという。同社は71年に創業の地場中堅業者で、県北地区のスーパーや商店を中心に紙袋や包装紙、ポリ袋などを主力に卸していたが、大口得意先の地場中堅スーパーとの取引減少などが08年あたりから始まっていたが、景気低迷や環境保護のための包装資材の使用自粛の広がりで経営が悪化して、事業継続を断念したとのことだ。

 レジ袋有料化が、新しい時代の産業構造構築のために必要だというのであれば、ある意味仕方のないニュースといえるが、ただ単に県民の意識高揚の雰囲気作りとするならば、この話は可哀そうだと思う。
 新しい時代という意味では、包装資材の使用自粛の広がり等は一つの流れだともいえる。しかし、レジ袋の製作の技術は、そうばかりとは言い切れないと思う。このレジ袋の技術はエコのの観点から優れものと考えるが、それは誤りなのだろうか。
 これだけの強度を確保したまま軽量化に成功しているということは、より少ない原材料で製作しているということであり、原料の節約の話だ。それなら、方向性としては、このレジ袋をいかに活用してリサイクルにつなげるかということが大切なことではないのだろうか。
 そういう意味では、今までゴミ袋を購入することを義務付けなかった福島市の姿勢は素晴らしかったといえる。何故なら、そのことによって福島市のゴミステーションでは、レジ袋がそのまま捨てられているということはなく、そこにゴミが入ってゴミ袋としてリサイクルされていたからだ。
 ゴミ袋の有料化は、そのこと自体に自己矛盾を含んでいたはずだ。
 ゴミ袋がブラゴミなのだから、新たなブラゴミ増加につながっていたはずなのだ。処理コストを市民に負担させるという点では、金潜的に計算すれば、処理代は財政上は、押し下げる効果があっただろうが、純粋なごみの量という観点からは、ブラゴミは増える方策だったはずではなかったかと思うのだ。

 今回の波及は、会社の倒産というだけにとどまらず、有料化などで使われなくなったレジ袋の処理の問題も発生するだろう。スーパーなどではお金をかけて処分することになるのだろうか。そして、それは、どこで処分されることになるのだろうか。
 少なくとも、現在確保されているレジ袋は使い切る時期まで待った方が、真の意味での環境にはやさしかったはずと考えるのは愚かな消費者だろうか。
 化石燃料の使い過ぎを阻止していくことは方向性としては正しいと思うのだが、性急に100%実施を目指すというその進め方も問題ではなかったかと思うのだが、……。
 もうひとつ、「雇用対策問題」も付随してくるだろうか。
 
 一かゼロかといったデジタル感覚で割り切る賢い消費者の観点だけでなく、多方面の視点から思い悩む時代遅れの消費者もついていけるような進め方は、こんな片田舎でも時代に合わないのだろうなとも思う。
スポンサーサイト

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/06/17(水) 16:38:26|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜の長い街にて(その三十) | ホーム | 日々雑感3 : 「目安箱」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/47-c24c3287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。