飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の長い街にて(その三十)

 もっとも、彼が今年の春休みにガリ版刷りで『村人は伝説を断て』と題したビラをまいた時から、彼は村との交渉を断ってはいるのだが、……。

 この話は、俺にとっては聞き飽きた話だ。彼は得意になって話をするが、こちらは何度も聞かされている。
「聞いたよ、前にも。だから言っているだろう、元々人間は真面目な顔しているけれど、やっている事ときたら、ほとんどがくだらない事さ。……。ほらっ、前にも話したじゃない。山本先生さ、統計の実験の話をするのにおちんちんの掴み方で鋭明するって話をさぁっ。あの真面目顔で……。」
「ああ、聞いたよ。どう持つかっていうやつだろう。人差し指と親指で挟むか、人差し指と中指の間に挟むかというやつだろう。」
「そうそう、それさ、皆が喜んで聞いてるし、俺もそうだけども、良くわかるんだ。」
「そう言えはそうだよな。何々の研究なんて言うから大それた事をやっているのかと思えば、そんな大層なことをしていないようだよな。お前らがやっていることもそのたぐいだろう。シジミに何の成分が入っているのかっていうんだろう。どうってことないって言えば、どうってことないよな、確かに。」
 目的はあるが、言われてみれば確かにどうということのない事だ。それよりは一週間の間、退屈もしないで部屋に閉じ込もれたということの方が貴重な事かも知れない。眠る瞬間を感知するというのは、それだけで目的も含んでいるのだから貴重な試しかもしれない。その貴重な事を俺はやったという満足感がある。啓子の部屋で、確かに俺は眠る瞬間を見たのだ。その充実感は、今もあるのだ。
 俺は彼に話してみたくなった。今夜は出てきて良かったと思った。ついでに啓子のことも話そうかどうかという迷いもあったが、成り行き次第にしようと決めた。

 田舎町は、もう一日を閉じようとしていた。啓子と来た時と比べても三十分しか遅くないのに、街はもうすでに暗かった。六時三十分までは街には活気があるのだが、たった三十分しか違わないのに、七時にはこの街は完全に眠りの世界に入るのだ。この三十分の間に、ここに住む人々は、規則正しくおやすみなさいをするのだ。店は灯を消し、シャッターを降ろす。健全な街である。ユニホームを着せられたような街である。今の時間でも反抗しているかのように灯を点し、僅かに活気らしさものがあるのはパチンコ屋と飲み屋、喫茶店ぐらいしかないのだ。
 それだって、この街では、午前の二時を過ぎるものはない。俺はその事がとても不満なのだ。実験中など、部屋に一人籠って一息ついて外に出れば、そこは静かな眠りの世界なのだ。夜中なら仕方がないだろうが、七時や八時という時刻に、こちらにまで静けさを要求されるのだ。家々の電灯だけが、憩いの明かりを点しているのだ。俺は、部屋に戻って他の部屋に迷惑がかからぬように細心の注意を払い、少しだけ騒がせていただくのだ。

スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/06/18(木) 15:33:50|
  2. ○ 夜の長い街にて(フィクション) 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日々雑感4 : 「大学改革」のイメージ | ホーム | 話題考9 : 「レジ袋有料化の影響」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/48-4756cd28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。