飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題考10 : 「若者たむろ防止装置」

 東京都足立区が、深夜に公園で若者たちが騒いだり物を壊したりするのを防ぐために、不快な音で若者たちを遠ざける装置を試験的に設置した。このことについては、マスコミでも大きく報道していたが、報道陣が興味を持って伝えていたのは、この装置のユニークな特色だった。
 これは、「モスキート」と呼ばれる英国で開発された高周波発生装置で、この音は20代前半までの若者にしか聞こえないという。この若者にしか聞こえない不快音を発生させることで、若者がたむろするのを防止する装置という。
 自分も、確かに面白い試みと思ってそれ以上は考えていなかった。
 しかし、「毎日新聞」では、この是非について、二つの立場からの意見を並べて載せていた。
 設置した立場からは、足立区長の近藤弥生氏、異議を唱える立場から水谷修氏が意見を述べている。

 設置者の立場の意見を自分なりに整理すると、次のようだ。
 ○ 子供の排除につながるという批判は承知する。
 ○ あらゆる手段を講じてきたが、効果がなかった。行政としては更なる手を打つ必要性があった。
 ○ 装置の使用は限定的にする。試験的であること、時間的に限定すること、音波の届く範囲を限定的にすること。
 ○ その他の施策との連動、地域と連携を図りながら実施する。

 批判的な立場の意見の論点を自分なりに整理する。
 ○ 夜中に若者がたむろするのは迷惑だからいられなくするというのは短絡的。
 ○ たむろせざるを得ない若者の背景の問題を取り除くことが大人の仕事。
   ・ 夜中まで帰ってこなかったら、親は家出人捜索願いを出すべき、
   ・ 親の虐待でいられない学校や家庭に居場所のない子もいる。
   ・ 昔は、たむろしていたら大人が注意した。
 ○ 足立区は、子供の居場所をつくり、声を聞いてほしい。
 ○ 聞いた声をつなぐ体制をつくってほしい。
   ・ 虐待なら児童相談所へ
   ・ 勉強なら学校に
   ・ 仕事ならハローワークに
 ○ 追い払う発想には子供たちの明日を考える視点がない。

 自分が当事者ならと考えると、対処療法としては、設置の立場も分かる。
 批判者の論は、評論家や政治家の意見なら、きれいごととして無視すべきとも思ってしまうだろう。しかし、氏は実践を通してその理想論を追及している方で重みがある。

 この二つの意見は、相反する意見として捉えるのではなく、一方は、短期に課題を解決する方策として、他方は、長期に理想を追求する体制づくりとして実践されることが大切なのだろうと思う。
 真の課題解決は、この二つの視点からの取り組みの効果が互いに響き合った時なのだろうと考えさせられた企画だった。
 全国自治体から問い合わせが相次いでいるそうだが、それは多分、行政的にはアピール度のある取り組みに注目しているだけだろう。自分の興味も同じようなものでしかなかったのに、今はこの反応にちょっと寂しい気がしている自分がいる。

スポンサーサイト

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/06/29(月) 10:44:36|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<話題考11 : 「教職員の不祥事対応」 | ホーム | 日々雑感7 : 「新型インフルエンザ対応検証」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/55-f2c6841d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。