飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題考15 :  「低炭素社会づくり」

 「低炭素社会づくり」という政府広報のチラシが新聞に挟まれて配布された。
 政府は、一人ひとりの二酸化炭素削減をお手伝いするそうだ。
 その一が、エコポイント制度だという。
 このことについては、話題考13 : 「エコポイントの意義」で、「福島民報論説」の「エコポイント意義忘れずに」と題した論説をもとに考えてみた。
 その三が、エコカー減税とエコカー補助金だという。
このことについては、話題考6 :  「エコカー購入時補助開始」で、車を買い替えると環境にやさしいのかを考えてみた。
 いずれも、一人ひとりの二酸化炭素削減をお手伝いというよりは、経済対策の色彩の濃い政策であるように感じた。

 その二に、住宅用太陽光発電補助、家庭用燃料電池補助が挙げられている。
 しかし、業務用の発電において、二酸化炭素削減手段は、原子力発電に依存する姿勢のようだ。ちょっと記憶が薄らいだが、原子力発電は太陽光発電とか、風力発電といった自然の力によるエネルギー取得技術の開発までのつなぎの方策としてその大切さを訴えていたような気がするのだが、……。
 そういった開発を家庭に任せ、業務的には原子力発電でいくという姿勢に疑問がなくなったのだろうか。

 納得できるのは、マイクールビズで、誰でも実践できる具体的なアクションプランの提案だと思う。
 もっとも、この提案は、貧しい家庭では既に実践済みだ。特に、冷房を使えない貧しい家庭では、室温28度でも快適に過ごせる知恵や工夫などは、余計なお世話。
 俺は、既にやっていることなので、やっていないのは提案者の階層の方々なので、しっかり頑張ってほしいという声が聞こえそう。


スポンサーサイト

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/07/11(土) 10:10:31|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<話題考16 : 「ヤマユリライトアップ」 | ホーム | 話題考14 : 「異常を基盤にした環境づくり?」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/63-99e7254c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。