飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題考18 : 「携帯を持たせない条例」

 携帯を持つ必要があるのかどうかということに対して、大多数が基本的には必要はないだろうと思っているだろう。
 そして、後の文部科学省のデータでも、ほとんどの学校が、原則として持たせないという実態だったはずだ。その実態としてほとんど禁止されているものを、国が改めて通達として禁止を指示していたはずだと思う。その目的は、ある会議のパフォーマンスだったと記憶している。そして、それを受けた石川県では、条例として規定したという経緯だと思うのだが、マスメディアの捉え方は少し違うようだ。

 「毎日新聞」記者の目では、この石川県の携帯電話を持たせない条例について、「現代社会にすっかり浸透した携帯」なのにという視点だ。そして、この条例改正のきっかけは、携帯を介した事件の頻発を受けてとしていた。

 その中に、所有率のデータとして、文部科学省の調査を挙げ、小6が25%、中2が46%で、高2が96%の所有率としていた。また、警察庁の携帯にかかわる犯罪のデータを挙げ、出会い系サイトが絡む検挙率が1592件で、被害者の85%が18歳未満で、アクセスの99%が携帯だったとした。
 ここまでが、全国のデータで、石川県のデータでは、中高生約2000人がネット上のいじめ、誹謗中傷の被害経験があるということを示していた。
 これらが、この条例改正の後押しをしたそうだが、石川県の条例は「石川県内の小学生と中学生」に限定されたものだ。それなのに、この地域のそのデータは出ていない。必ず高校生が含まれている。小中学生のデータは、全国のデータでこの石川県のデータではない。
 この規則を後押しするデータが弱かったのかもしれないと思う。

 記者は、パブリックコメントがなく、議論が尽くせなかったことを問題にし、家庭で話し合うことの大切さを、具体例をあげて論じていた。

 確かにそのことも大切だが、自分としてはもう二つの大切な視点があるのではないかなと思う。
 その一つは、携帯は悪であり善とはなりえない道具なのかということだ。今の世の中の捉え方が、デジタル思考で、善か悪かで割り切ることが流行っている。
 政治の世界も、一般社会の現象も、どちらの側面もあるという視点での論議がなされにくいということだ。携帯は悪にも善にもなり得る道具だと思うのだ。
 もう一つは、どこが決めるべきことかということだ。別な言い方をすると、どこが主体的に考えるべきことかということだ。
 国が指示すべきことなのか、地方自治体が決めるべきことなのかということだ。
 素人判断では、決めるべきは家庭であり、それを促すのはせいぜい学校というレベルではないのかと思うのだ。
 このことに関して、「記者の目」の中に有効に機能している具体例が上がっている。その範囲は、町内会や学校がつくる町民会議であり、その地域活動のようであり、このことが重要なのではないかと思うのだ。

 最近、停滞気味の打破のため自己アピールの道具としての派手なパフォーマンスを取りあげらることが多すぎるのではないかと思う。
スポンサーサイト

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/07/19(日) 10:32:01|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<話題考19 : 家庭教育 | ホーム | 日々雑感14 : 「最低賃金と生活保護基準」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/70-03e29f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。