飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題考 28 : 「経団連」③

 亀井静香金融・郵政担当相が、「殺人急増は経団連の責任」と、大企業と経団連を批判したとの過激な発言があったとのニュースを目にした。
 10/5に都内で講演し、「殺人事件の半分以上が親子、兄弟、夫婦間の殺し。こんな国は日本だけ。人間を人間扱いしないで、利益を上げるための道具としてしか扱わなくなったからだ」と述べたとのことだ。
 更に、衆院選前に経団連の御手洗冨士夫会長と会った際に「そのことに責任を感じなさい」と忠告したとも。
 御手洗氏はムッとして「私どもの責任ですか」と反論したというエピソードも紹介され、「(大企業と経団連が)小泉改革に便乗して、日本型経営を捨てたことが社会をおかしくした」と締めくくったとのことだ。(日刊ゲンダイ)

 この主張は、確かに乱暴だ。
 家族間殺人の理由は、貧困が進んだからだけが理由ではないだろうからだ。しかし、貧困が進んだ背景の一端は大企業と経団連にあるという発言なら納得できなくもない。
 近年、大企業と経団連は、企業経営に都合のよい論理を政府に受け入れさせてきたと思うからだ。働く人々の生活とか、社会全体への貢献というよりも、企業存続を優先させるシステムを作り上げてきたといえる。
 社会を導く団体というよりは、利益団体としての組織の側面を前面に打ち出す姿だったというのは明らかだと思うのだ。
 大企業は、『切り捨てごめん』で、非正規雇用の労働者の解雇をどんどん進めてきた。

 経団連会長御手洗冨士夫の率いる企業も同様だった。
 麻生前政権が、経団連等に雇用の維持を要請したときに、言葉では努力するとしたが、自分の企業では、その言葉とは関係なく大量首切りを断行した。
 もっと雇用の維持に努めることは可能だったはずだし、努めるべきであったと思う人は多かったはずだ。権力を持っていて怖かったので、それを言えなかった人がいたはず。

 このことに絞って発言すれば、賛同者はもっと多かったようにも思うが、どうだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:気になった事 - ジャンル:ニュース

  1. 2009/10/21(水) 09:43:25|
  2. 話題考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<話題考 27 : 「経団連」③ | ホーム | 話題考27 : 「エコナ問題」②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shin485.blog10.fc2.com/tb.php/98-ffd54072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。