飛翔

作品原案として書き連ねています。 書きかけで試行状態ですが、踏ん切りをつけるために、一度手を離すことを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日々雑感22 : 子育てのこと②

 「毎日新聞」2009/6/7は、「くらしナビ」で、ベネッセの「家庭生活についてのアンケート調査結果」について報じていた。

 そこに現れた現在の母親の姿を、調査を監修した青山大学の樋田教授は、学力低下や格差社会への不安から育児に頑張り過ぎ、教育を買おうとする親の姿が浮かぶとしていた。
 これは、メディアの情報にも影響されているとし、幼稚園や学校がその方法でいいよとメッセージを送るようにしないと潰されてしまいそうな母親像のようだ。

 もともとそういった母親像だったというよりは、5年前からの変化ということらしい。
 「子どものために自分が犠牲になることは仕方がない」と思う母親が急増し、特に、常勤で働く母親にその傾向が強かったという。
 その帰結として、良い母親であろうと無理をし、自分を子育てに向いてないとし、夫婦で互いの関心ごとを話し合うことは少ないという自己認識になっているらしい。

 ここで、2007に『親学(おやがく)』に関する緊急提言をなさった政府の教育再生会議の動きを併記しておく。
 そこでは、会議の必要性として、駄目な親と駄目な家庭が蔓延したという認識のもと、子供を母乳で育てることを呼び掛けたり、『親学(おやがく)』に関する緊急提言をなさった。

 もう一度、その提言を記す。
 確か、「脳科学では5歳くらいまでに幼児期の原型ができあがる。9歳から14歳くらいに人間としての基礎ができる」と指摘して、以下の11項目にわたって具体論を展開したはずだ。
 (1)子守歌を聞かせ、母乳で育児
 (2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない
 (3)早寝早起き朝ごはんの励行
 (4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す
 (5)インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施
 (6)企業は授乳休憩で母親を守る
 (7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞
 (8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施
 (9)遊び場確保に道路を一時開放
(10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる
(11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める

 自分の感覚では、ほとんどが個人のルールの問題と思ったが、当時の新聞報道では、この再生会議は、これらを法律のルールに近い形でやりたいように見えた。そうなった時の妥協は、せいぜい6・8・9ぐらいしかないと思っていた。
 漠然とすごい時代がやってくるのかもしれないと危機感を持った。

 今回の報道で、比較教育社会学の本田氏が、談話を寄せている。
 90年代末から00年代末にかけ、政策面では改正教育基本法などの重要性が強調されてきた。現実には家庭学校企業による人材育成雇用の枠組みが崩れ、親はわが子を負け組にしないために幅広く包括的な能力を身につけなければと強迫観念に襲われる状況になっている。
 そして、家庭教育にこれ以上の責任を負わせるのは無理であることが読み取れるとした。

 この頑張りすぎて押し潰れてしまいそうな母親像を創設した責任の一端が、この教育再生会議の皆さんにはあると思うのだ。家庭教育に自覚を持たせなければならないと強い信念を持ち、推し進めたことが、このデータに反映していると思うのだ。
 その談話が、ほしいのではないかと思うのだが、多分、何も考えていないのはわかっているような気もする。
 社会に悪い影響を及ぼしているのに、自分たちは良いことをしたと思っていて、気づかないでいるというのは、一番たちが悪い。

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

  1. 2009/10/04(日) 18:07:33|
  2. 日々雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々雑感21 : 「子育てのこと」

 「保育所待機児童数約2万5000人で、昨年度比約30%増加とのニュースは、自分の感覚では、短絡的に保育所の整備充実のイメージに走る。
 しかし、「毎日新聞」「みんなの広場」に投稿されたお年寄りの方の意見は、「1.2歳の育児は家庭ですべきだ」という帰結だった。
 待機児童の69%が1.2歳であることに、子供の幸せのためには家庭で育てるのが本来の姿のはずとの思いからの投稿のようだ。

 しかし、ここからの話の展開が教育基本法を変えるために設置された御用民間人による「教育再生会議の皆さん」とは違う展開になる。
 それでも、理想に向かって自分で豊に育てるべきという政府見解とは違って、現実的な経済情勢の悪化に伴う共働きの増加と理想論のずれを認める。その上で、この問題に潜む課題を探っている。
 そして、理想論とずれる背景に、核家族化を挙げる。その根拠を戦後の大混乱期は、生活は今よりもずっと貧しく、朝から晩まで、休日も働きずくめの共働きだったはずなのに、安心して任せても、子供は家庭の愛情を受けていた。休日には子どもと遊ぶ余裕もあったという。
 それは、家族関係の中で、祖父母が面倒みてくれていたということだ。

 今の状況と預けなければならないという状況は同じだが、預ければ安心という感覚には、子育てという観点からは違いがある。将来的な子の育ちだけでなく、単に預けるだけで安心している感覚の中に、家庭で育てているという感覚が含まれているのと、そうでなく便利でしかないという感覚には違いが生じてもおかしくない。
 親としての育ちにも違いがでてきそうだとも思う。
 単純な経済にかかわる金の問題だけではなく、「しあわせ」にかかわる価値観も課題になっていることに気づかされたような感じがする。そのまま、大家族に移行すればいいということにはならないだろうが、その変化の中で失った価値に気付き、それを付加できないかという考え方の吟味は大切なような気がする。


テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

  1. 2009/10/03(土) 10:52:51|
  2. 日々雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々雑感20 : 「教育のイメージ」

 「毎日新聞」(2009/9/26)「近聞遠見」で岩見隆夫氏は「新たな無駄を生むな」と題して、鳩山新政権の看板政策である「子ども手当」について論じていた。
 論旨は、その政策に関する言及だが、参考にしたかったのは、その前提の考え方だ。
 子育ての最優先課題がお金を投じることかという疑念の部分だ。
 「家貧しくて幸子顕る」というのは古いかもしれないが、人を育てるというのはそういう側面もある。だから厄介だとも思う。
 家が貧乏だったら、子供も家のために働く。その善幸が孝行な子として人に知れる。逆境の中からこそ立派な人物が現れる。そういう事もある。
 親も、貧しい中で子供が一人前に育つように、せめて教育だけは身につけさせたいと懸命になる姿も尊い。
 少なくとも、自分はそういった親の恩を感じている。日々の貧しさの中で、子供の教育にかかわる支出を最優先にしてもらった恩だ。その恩が、今の社会風潮の中で生きている保障はないかもしれない。
 最優先にすべきは、そういった意識が持てるようにすることかもしれないと思う。その精神の中でなら、お金が効果をもたらすかもしれないと思う。
 その前提がなくて、お金や手当施策が先行すると、その精神的な部分が教育ということとは逆の力となって発揮することも起こりえるかもしれない。
 人間は弱い生き物なので、そういうことだって考える必要はありそうだなと思う。

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

  1. 2009/09/27(日) 12:04:53|
  2. 日々雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々雑感19  : 「通説は更新されるもの」

 NHKの松平定知アナの講演を聞いたことがあるが、そのことを整理しないでいたのは、ちょっと引っかかることがあったからだ。

 彼の人気は、「7時のテレビニュース」、「連想ゲーム」「ニュース11」などで活躍していたことや、「紅白歌合戦」の総合司会の担当など、「NHKの顔」として華々しい活躍だろうか。
 この講演会に自分と同年代の方が期待したのは、ラジオ深夜便での藤沢周平作品の朗読だろうか。自分としては、「その時歴史が動いた」キャスターとしての話が聞けるということだった。

 ところが、話の頭で、2007年11月にNHKを定年退職しているが、「その時歴史が動いた」も継続しているのは、先輩方が退職とともに番組が終了したのに対して、自分は対立せずに穏やかに過ごすことで、その地位が得られているというような言い方をしたのだ。
 そのもの言いから厭らしさを感じてしまったのだ。ちょっとしたもの言いだったが、根底にそんな感情があるのだとすれば、どんな話も空虚だと思ったので、整理する気が失せてしまっていたのだ。

 今になって、もう一度あの時の話を思い出して整理しておこうと思ったきっかけは、病院で読んだ週刊誌の記事だ。

 「運命の一日」と題した特集の中に、彼の運命の一日として、『「タクシーキック」で「松平定知」アナの歴史が動いた』というのをみたのだ。記事としては、スキャンダルをおもしろく伝えようとする意図がみえたが、読み手の自分はあの時の物言いが、本心からの言葉であることが納得できたのだ。
 それは、まだ働き盛りの頃の話らしい。
 タクシーの自動車電話の使用をめぐるいざこざのことで、これがマスコミで大騒ぎになってしまって、番組降板と局次長級から部長級に降格されたということがあったというのだ。また、その8年後には「ニュース11」に出演中に、放送中のスタッフの声が大きかったのを鉛筆を投げつけて制止したことが問題になり、その番組終了後は、歴史物やスペシャル番組になっていったというのだ。
 最後は、エグゼクティブアナウンサー(理事待遇)で、定年退職し、3年間は委託社員の契約をしていたが、それが切れ、フリーとして活躍していたということのようなのだ。

 自らを律し、仕事にまい進して参りました。周りの皆様への感謝の気持ちを忘れずに、日々精進しているというこのもの言いは、「何もなければ理事になっていたかもしれない」とみんなが思っていることに対して、自分の謙虚な生き方のスタンスを表明しているだけだったということが分かる。
 引っかかったのは、自分の無知からだったということだ。
 週刊誌ネタに疎くて、このような出来事も知らなかったし、何もなければ理事になっていたかもしれないというのが常識的な見方だということも知らなかったために、嫌味に聞こえただけたったということのようなのだ。

 今更という時期だが、彼の講演を聞いたことについて思い出して整理する。

 昨年9月「私の取材ノート~<その時歴史が動いた>の現場から~」という松平定知氏の講演を聞いた。
 「その時歴史が動いた」にまつわり,歴史は、人間が織りなすドラマであるということを熱く語られた。
 歴史は人間が織りなすものという信念で、具体的に捉えようとすることで、新しい見方が発見されるということのようだ。そのことについて、具体例をあげながら話された。
 通説は、日々新しい史実が発見され更新されるものであるという見方が新鮮だった。
 藤沢周平作品の朗読を担当するようになったのも、藤沢作品のファンが高じたものであることなど、自分の考え方や生き方とかかわる活躍であったことを感じたことを思い出した。

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

  1. 2009/09/17(木) 13:43:26|
  2. 日々雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々雑感18 : 「花火」

花火9
 
 ここ何年間か、町内会の小さな花火大会の見物を欠かしたことがない。市主催の大きな花火大会は、豪華さにおいては素晴らしいのだが、そちらにはあまり興味がない。体感するダイナミックさが違うのだ。
 たった30分で終了してしまう小さな大会だが、それでもこれがいい。好きな位置に座って、近い位置から感性を研ぎ澄ませて意識を集中させて体感するという点では、この花火にかなうものはない。

 この日は、盆踊りの櫓も建ち、夜店も出る。自分たちの年代は、地域の小さな伝統や故郷を大切にしてこなかった負い目みたいなものがある。その負い目をもとにして、郷愁に似た思いに浸りながら、盆踊りを眺めて花火の時を待つ。櫓から響かせる太鼓の重厚な振動を体全体で何とか感じたところで、花火に向かう。
花火4

 頭上に広がる大きな花火を真下から眺める醍醐味はこたえられない。大きな音と振動を腸(はらわた)で感じることができる。
花火6

 今年は、あいにくの雨で、傘をさしながらの見物だったが、それでもダイナミックな光と音をそれなりに堪能することができた。

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

  1. 2009/08/11(火) 12:16:19|
  2. 日々雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

タグそして検索

プロフィール

親馬シン

Author:親馬シン
 原点であるフィクション「夜の長い街にて」を整理していく中で、自分が求めていたものの輪郭が明らかになると思っていた。
 しかし、実際にはそうはならなかった。

 今は、知りたいことを追い求め、何も考えずに書きとめるだけだ。それでも充分満足している自分を感じている。

最新記事

カテゴリ

2014年10月15日までの発信内容 (10)
庭に集まる虫 (1)
花壇の花々 (2)
話題考2014-9 (6)
2014年9月15日までの目次 (3)
【会津へ向かう途中の風景から】 (1)
福島のイベント情報 (1)
2010年までの目次 (166)
○ 夜の長い街にて(フィクション)  (30)
○ 福島の子規(ノンフィクション) (52)
話題考 (49)
日々雑感 (28)
小さな目と小さな声 (6)
日々雑感2014 (1)
2014 (1)
2014年11月15日までの発信 (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。